通夜での服装

急いで通夜の弔問にかけつける際は、平服のままでかまいません。遺族・親族も用意が整っていない場合があります。
また、礼装で訪れたのでは不幸を予期していたようで、かえって失礼に思われる場合があります。なるべく地味な服装が望ましいです。
男性の場合は、できればネクタイと靴下を黒に換えてもよいでしょう。

関連記事