葬儀のマナー

通夜での服装

急いで通夜の弔問にかけつける際は、平服のままでかまいません。遺族・親族も用意が整っていない場合があります。
また、礼装で訪れたのでは不幸を予期していたようで、かえって失礼に思われる場合があります。なるべく地味な服装が望ましいです。
男性の場合は、できればネクタイと靴下を黒に換えてもよいでしょう。

葬儀・告別式での服装

葬儀・告別式に参列時は、一般会葬者の服装は、通常礼服です。
しかし、特に親しい間柄でない場合には黒めの平服でも間違いではありません。
男性はダークスーツと黒 のネクタイ、黒の靴。
女性は黒もしくは地味な色のスーツもしくはワンピース、それに黒の靴がよいでしょう。
和洋装問わず、黒であっても光沢の あるものは避けましょう。

葬儀に伺う際の注意点

死因は聞かない

なるべく長居をしないこと